プライベート用リュックにインケースをおすすめしたい理由

いろいろなブランドからリュックが出ていますが、プライベート使いにどれを購入するか迷ったら、是非おすすめしたいアイテムがあります。

 

それが「incase(インケース)」のバックパックです。

 

まだあまり取り扱い店舗が多くないので、ご存知ない方もいるかもしれません。

しかし、バックパックユーザーからは熱い視線を浴びているブランドなんです!

 

1997年にアメリカで誕生。なんと世界で唯一の「Apple社公認のバッグ&ケースブランド」なんです。MacBookをはじめとしたApple製品を持ち歩く専用のバッグとして設計されているのですが、もちろん他社のノートパソコンやデジタル機器を収納して持ち歩くのにも適しています。他にもカメラケースに特化したバックなどがあり、プロユースかと思いがちですが、普段使いとして街中で使うのにも便利なバックが揃っているんです。

 

インケースの理念は、『シンプル(Simplicity)、効率的(Efficiency)、機敏(Agility)』が備わっている製品開発。

大容量で収納性が抜群、かつシンプルなデザインでありながら、ユーザーの意見を幅広く取り入れ、使いやすいよう細かい点まで配慮されています。おしゃれと実用性の両立を実現した、なんとも嬉しいアイテムなんです。

 

色は黒をはじめネイビーやグレー、カーキといった落ち着いた色合いが多いですが、鮮やかなブルーやレッドもあり、自分好みの色を見つけるのも楽しいですね。

 

スクエア型を基調としたデザインは、やはり中に入れるものの整理、出し入れのしやすさが抜群。

四角いフォルムは背負っていてもスッキリして見えます。

 

リュックには様々な大きさのポケットが備わっていて、自分の使いやすいようアイテムを収納することが可能。

Apple社公認であるので、iPhoneやiPadといったアイテムの収納にも対応しています。いまやiPhoneやiPadは、暮らしに欠かせないアイテムとなっている人も多いでしょうから、これは要チェックなポイントです。

衝撃や傷への対策もバッチリで、中のものをしっかり保護してくれる作りになっていますので、持ち歩きにも安心ですね。

 

ただインケースのリュックは防水加工はされていないので、雨が心配・・・という方には、専用のレインカバーもおすすめです。これなら中にパソコンが入っていても安心です。

 

そんなインケースのリュックでも人気なのが

「EO Travel Backpack トラベルバックパック CL90004」です。

 

物がじゅうぶんに入る容量でありながら、機内持ち込みができるサイズなので、ちょっとした旅行にも使えてとても便利!

電子機器や周辺機器をはじめ、細々としたものまでポケットにすっきり収納できます。荷物をたっぷり入れて背負っても、疲れにくい作りになっているのも嬉しい!

 

その他にも、様々なラインナップが揃っている、インケースのリュック、ぜひチェックしてみてください!

楽天やincaseの店舗でも販売していますよ。

 

プライベートのバックパックを選ぶポイント

バックパックというと、一昔前なら「リュックでしょ?ダサいんじゃない?」という方もいたのでは?しかし最近では街中でもバックパックを背負って颯爽と歩いている人の姿をよく見かけます。あのPRADAもバックパックを出しているのですから、おしゃれに敏感な人にも認められているアイテムといえますね。

 

そんなおしゃれアイテムであるバックパックを、新たに購入しようと思っている方もいらっしゃるでしょう。今回はプライベートで使用しようと思って選ぶときに気をつけたいポイントをいくつか挙げてみようと思います。

 

 

ファッションの一部として、コーディネート全体を引き締めてくれるもの

 

バックパックは案外大きいものですので、背負っていると目がいくものです。なので、洋服とうまく合わせることで、全体的にまとまったコーディネートができ、おしゃれ度もぐっと上がります。

自分が好きでよく着る洋服に合うようなデザインのバックパックを選ぶと合わせやすいですね。

 

 

色・形・質感

あまりにも特徴的な形や、蛍光色などの色合いのものを選ぶと、個性は出るかもしれませんが普段使いには苦労するかもしれません。いかにも「アウトドア用」のリュックサックに見えてしまうものよりは、街中で持っていてもしっくりくるようなデザインのものを選ぶほうがよいでしょう。

 

細かい部分に注目する

ベルトや留め具、ファスナー部分のチャームなど、細かい部分にもメーカーやブランドごとの特徴があります。さりげない部分でおしゃれに見せるポイントです。

 

バッグの容量、中身の整理のしやすさ

自分がどんなものを入れて使うのかによって、選ぶポイントも変わってきます。たくさんものを入れるのなら容量を重視、パソコンやタブレットなどの電子機器を持ち歩くなら、中身をしっかり保護できる作りのものを、スマートフォンなど細々したものを出し入れしやすいポケットがあるものなど、自分にとって快適に使えるものを探してみましょう。

 

見た目、使いやすさ、もちろん価格と比較する面は様々ですが、プライベートで使うならやはりお気に入りの品を見つけたいですよね。

各ブランド、インターネットでも品揃えをチェックできますし、できれば店舗で実際に背負ってみて自分好みのものを探してみるのが良いかと思います。

迷う場合は、店員さんにアドバイスをもらっても。アイテムの知識が豊富なので、どんなバックがほしいか伝えればピッタリのものを選んでもらえると思います。恥ずかしがらずに質問してみましょう!

40代の男性がオフで使うバックパック

バックパックは若い人が使うものと思って敬遠していませんか?最近は様々なブランドからバックパックが出ており、プライベートはもちろん、オフィスシーンでも使えるものまで数多くあります。
おしゃれなだけでなく、様々な工夫がなされていて使いやすさも抜群のバックパックは、オトナの男性にもおすすめのアイテムです。

ここでは40代の男性がオフで使うのにおすすめのバックパックを、特徴とともに紹介します。

オフにおすすめのバックパック

マスターピース
マスターピースは幅広い年代から支持されるブランドです。Made in Japanのものづくりへの真摯な姿勢が製品によく現れています。細かい部分で使い勝手を考えて作られている点など、さすが日本人の気配りといった感じです。
素材や強度、軽量性をはじめとした機能性はもちろん、派手すぎずかつオリジナリティのあるデザインも人気の理由です。

PORTER(ポーター)
1935年創業の日本の老舗バッグメーカーとして名高い「吉田カバン」が、1962年に立ちあげたたのがポーターです。そのテーマは「機能性と時代のデザインも重視したバッグ」。日本製で作り手のこだわりが細部にわたるまで感じられる品々は、丈夫でありながらお値段も比較的リーズナブルなのも魅力です。また、安易に流行に左右されないデザインも、オトナの男性が持つのにふさわしいといえます。
ナイロン、キャンパス素材、本革など、素材も豊富なので、きっとお気に入りの品が見つかるでしょう。

ノースフェイス
街中でも見かけることが多いのが、ノースフェイスのリュックではないでしょうか。ラインナップも豊富で、普段使いにもぴったりなものが多く揃っています。特に人気が高いのは「ヒューズボックスシリーズ」。シンプルなデザインかつ容量もある「シャトルディパック」もおすすめです。

アークテリクス
アークテリクスは登山用品のブランドとしても有名ですが、洗練されたデザインで日常使いにも人気があります。容量があるのに軽くて丈夫なのは、さすがといったところ。背負ったままで出し入れできる使いやすいポケットや、中身が出し入れしやすい作りも魅力です。

インケース
パソコンやタブレット、スマホやカメラといった電子機器を持ち歩くには、インケースのバックパックがもってこい!すっきり収納できて中身もしっかり守ってくれます。シンプルな形や色合いのものが多く、オトナの男性がもっていてしっくりくるデザインです。

40代の男性におすすめな、人気ブランドのバックパックをご紹介してみました。見た目はもちろん使い勝手も抜群なバックパックは日常使いにピッタリ!ぜひお気に入りを見つけてくださいね!

40代の男性がオンとオフでリュックを使い分けたほうがいい理由

 

近頃は、街中でもリュック、バックパックを背負っている男性をよく見かけるようになりました。普段着の方だけでなく、スーツ姿の仕事中らしきサラリーマンの中にも、リュックを使用している方が増えてきているように感じます。

仕事用カバンにリュック?と思う方もいるかもしれませんが、実は使い勝手がよく、ビジネスシーンでも活躍するモデルが、各ブランドから多く出ており、おしゃれなメンズの間で人気が広がっています。

 

とはいえ、仕事用とプライベート用で同じリュックを使いまわしても大丈夫か、というとちょっと疑問です。ビジネスシーンではやはりTPOが求められますので、使うアイテムにも気をつけなければいけません。

 

ここでは、40代の大人の男性が、ビジネスシーンとプライベートでリュックを使う場合に、気をつけるべきポイントを説明します。

 

ビジネスシーンで使うリュックの選び方

通勤用のカバンとしてリュックを選ぶ利点は、やはり両手が自由になるということでしょうか。電車、自転車、徒歩と様々な通勤スタイルがあると思いますが、両手がフリーになるというのは案外大きいポイントです。書類やパソコンなどの機器を入れていても、両肩に背負えるというのは体に負担が少なくてすみます。また、カバンをどこかにうっかり置き忘れるという心配も減るでしょう。容量があるのでちょっとした出張でも使えて便利です。

そんなビジネスシーンで使うリュックですが、選ぶポイントはやはりその見た目です。スーツ姿で背負っていても違和感がないものでないといけません。カジュアルすぎるデザインや色、材質のものだと浮いてしまいます。黒をはじめとした落ち着いた色のもので、シンプルなデザインのリュックが良いですね。革製だと高級感があるので仕事用にもピッタリです。

また、パソコンやタブレット、精密機器を入れて持ち歩く必要がある場合は、リュックの容量と整理のしやすさもチェックしましょう。ごちゃつかず出し入れがしやすい、中のものをしっかり守ってくれる、そんな点も大切になってきます。

 

プライベートで使うリュックの選び方

プライベートでしたら、色やデザインは好みで選んでも大丈夫。今時は、リュックといってもアウトドアで使うようなものばかりではありません。40代の大人の男性が持っていてもしっくりくるような、カジュアルでありながら落ち着いた色味やデザインのものも多くあります。スマートフォンやペットボトルなどの小物をしまうポケットが充実していたり、防水がしっかりしているのでレジャーでも安心して使えたり、様々な工夫がこらされています。

 
 

40代になると、高いカバンを持ってないと恥ずかしいのか?

 

40代になったあたりで、ふと「なんだか今までの洋服や持ち物が、似合わなくなってきたかな?」と感じる方は、案外多いようです。

仕事上では、より責任ある業務を任されることが増してくる年代。恥ずかしくないよう身の回りに気を使う場面も増えてくるでしょう。

プライベートでも、お金のかけ方が変わってくることが多い時期。それまではカジュアルでラフなものが多かったけど、シックで大人っぽいものを選ぶようになるという方も増えてくるのでは?

 

そこで気になるのが「いったい、どのくらいの値段のアイテムを持つのが良いのか」ということ。もちろんそれぞれ収入や環境、好みも違うので一概には言えませんが、いわゆる「40代のいいオトナ」が持つものを選ぶなら、やはり「高いもの」でないと恥ずかしいのでしょうか?

 

ビジネスでもプライベートでも使うことが多いアイテムである、カバンを例にみてみましょう。

 

大人のカバン選び

まず、仕事で使うならば、やはり見た目が重要です。上の役職の方の目に触れる機会も増える、40代の大人の男性が仕事で使える鞄といえば、材質もデザインも限られてきます。革製で黒などの落ち着いた色合いの、ごちゃごちゃしていないデザインもの。更に書類やパソコンを持ち歩くなら、丈夫で大容量なもの、長時間持ち歩いても疲れないもの、などなど・・・。

せっかく購入したらできるだけ長いこと使いたいですよね。お手軽なお値段のものは、やはりそれなりの耐久性であるのも事実。ちょっと奮発して購入して、大事に手入れをしながら長く使うというのが、大人のもの選びではないでしょうか?

 

プライベートで使うものなら、もう少し選択肢は広がるでしょうが、奇抜な柄やデザインのものは、大人が持つにはちょっとした冒険になってしまいますよね。

大人が持っていてカッコイイ!と思われるものには、やはり相応の質と品が備わっています。

 

つまり、「大人は高いものを持っていないと恥ずかしい」というより、「大人が持っていて似合う、カッコイイと思われるようなものは、ちょっとお高い」のだといえそうです。

 

とはいえ、何十万円もするようなブランドものばかりとは限りません。日常使いのものですから、持っていて気後れするような値段のものは使いにくいですよね。

鞄にしては、ちょっとお高いかな・・・でも、何年も使うと思えば初期投資だと思って出してもいいかな、それくらいのお値段のものを、ちょっと勇気を出して買ってみるというのが、大人の買い物なのかもしれません。

 

おすすめのカバンブランド

メンズのビジネス用鞄でオススメなブランドはこちらです。

ブリーフィング BRIEFING

トゥミ TUMI

ビクトリノックス VICTORINOX