40代の男性がオンとオフでリュックを使い分けたほうがいい理由

 

近頃は、街中でもリュック、バックパックを背負っている男性をよく見かけるようになりました。普段着の方だけでなく、スーツ姿の仕事中らしきサラリーマンの中にも、リュックを使用している方が増えてきているように感じます。

仕事用カバンにリュック?と思う方もいるかもしれませんが、実は使い勝手がよく、ビジネスシーンでも活躍するモデルが、各ブランドから多く出ており、おしゃれなメンズの間で人気が広がっています。

 

とはいえ、仕事用とプライベート用で同じリュックを使いまわしても大丈夫か、というとちょっと疑問です。ビジネスシーンではやはりTPOが求められますので、使うアイテムにも気をつけなければいけません。

 

ここでは、40代の大人の男性が、ビジネスシーンとプライベートでリュックを使う場合に、気をつけるべきポイントを説明します。

 

ビジネスシーンで使うリュックの選び方

通勤用のカバンとしてリュックを選ぶ利点は、やはり両手が自由になるということでしょうか。電車、自転車、徒歩と様々な通勤スタイルがあると思いますが、両手がフリーになるというのは案外大きいポイントです。書類やパソコンなどの機器を入れていても、両肩に背負えるというのは体に負担が少なくてすみます。また、カバンをどこかにうっかり置き忘れるという心配も減るでしょう。容量があるのでちょっとした出張でも使えて便利です。

そんなビジネスシーンで使うリュックですが、選ぶポイントはやはりその見た目です。スーツ姿で背負っていても違和感がないものでないといけません。カジュアルすぎるデザインや色、材質のものだと浮いてしまいます。黒をはじめとした落ち着いた色のもので、シンプルなデザインのリュックが良いですね。革製だと高級感があるので仕事用にもピッタリです。

また、パソコンやタブレット、精密機器を入れて持ち歩く必要がある場合は、リュックの容量と整理のしやすさもチェックしましょう。ごちゃつかず出し入れがしやすい、中のものをしっかり守ってくれる、そんな点も大切になってきます。

 

プライベートで使うリュックの選び方

プライベートでしたら、色やデザインは好みで選んでも大丈夫。今時は、リュックといってもアウトドアで使うようなものばかりではありません。40代の大人の男性が持っていてもしっくりくるような、カジュアルでありながら落ち着いた色味やデザインのものも多くあります。スマートフォンやペットボトルなどの小物をしまうポケットが充実していたり、防水がしっかりしているのでレジャーでも安心して使えたり、様々な工夫がこらされています。

 
 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *